インフォームドコンセントって何?

インフォームドコンセント

>

医療の根幹にかかわる問題

患者を疲れさせない

自己決定を避ける患者は多いですが、基本的な事と重要事項の説明を行うことが重要です。
疑問などの有無の再確認も必要です。
説明で患者を疲れさせない事も重要です。
病気で入院していることを忘れてはいけません。
いつでも疲れたと言える雰囲気作りが大事です。
患者への理解度の確認には注意が必要です。
患者に思い込みがある事が有るからです。
修正する意味でも患者の理解に対する確認が大事です。
インフォームドコンセントにおける患者の理解力と判断能力を確保するとともに患者が自分で納得することに繋がります。
患者本人への診療記録の開示も積極的に行う必要が有ります。
患者には自分の言葉で語ってもらうことが大事です。
重篤な副作用の可能性が有ればきちんと説明することが大事です。
可能な限り具体的に数値を出して説明することが大事です。

決して嘘を言わない

説明は図やイラストを活用すると理解が深まります。
治療する事が治癒することと同じと考える患者は多いです。
正確に説明する必要が有ります。
抗がん剤など化学療法への過度な期待は危険です。
患者には誠実に対応し、決して嘘を言わない事が重要です。
悪い情報があっても包み隠さず伝えるべきではあるが、表現には配慮が必要です。
多くの患者は治療法に関することよりも余命機関や副作用に関心が有ります。
告知方法に王道はありません。
あらかじめどの程度まで病気について知っているかを確認することも必要です。
病院を転院して来た場合は特に確認が必要です。
深刻な情報を患者に伝える場合、時間を余裕を持って作り途中で邪魔が入らないようにする必要が有ります。
場所はプライバシーに配慮します。
静かに話が出来る場所を用意し患者に最大限配慮すべきです。
以上、インフォームドコンセントについて分かりやすくお伝えしました。


TOPへ戻る